映画 カルチャー
2045 Carnival Folklore
2015
93min
パートカラー

予告編を見る

2015
93min
パートカラー
ストリーミング視聴およびダウンロード購入に関する詳細は「よくある質問」、推奨動作環境は「ヘルプ」よりご確認ください。

2012-13年に撮影され上映機会の度に再編集し現在に至るまで無数のVer.が制作された作品の最新版。原爆投下100年後のにほんに設定されたSci-Fiムービー。長嶌寛之(Dowser)、Ryo Hamamotoや岡本英之といったミュージシャン、そしてノイズのT.Mikawa(Incapacitants, 非常階段 etc.)らが出演し多層的な音を提供している。 上映の際は作品のコアである「ノイズ」をダイレクトに表出するため、劇場にアンプや機材を持ち込み上映と共に演奏する〈ライブ上映〉という試みを断続的に実施。2015年シアトル国際映画祭でも行われた。毎回異なった編集Ver.の上映と演奏の一回性によりその内容はいつも「同じ」ものではありえないが、永遠に完成を見ないそんな在り方がこの作品には相応しいだろう。 本作品はENBUゼミナール俳優コース作品、ACY先駆的芸術活動支援助成対象としても制作された。

STORY
2045年のファーイースト。かつて日本と呼ばれた国は天災によってすべての原発がメルトダウンし、崩壊した。数年後、とあるシティが奇跡的な復興を遂げる。絶望した人々の集合的無意識が理想郷を実現したのだ。完璧に調和された社会。そこに外から密命を帯びた異邦人がやってくる。この映画は彼が提出した報告書である。リストには人工麻薬、ミュータント、スカムパンクス、ノイズアニミスム、ソイレントフード、そしてマンドラゴラなどの項目がある

STAFF
監督 : 加藤直輝
脚本 : 加藤直輝 増田圭祐
撮影 : 定者如文 飯岡幸子
録音 : 黄永昌
音楽 : 増田圭祐
制作 : 原尚子
製作 : はらほろ ENBUゼミナール
編集 : 鈴木宏
助監督 : 酒井耕
助成 : ACY先駆的芸術活動支援事業
原作 : 増田圭祐

CAST
石井順也 岡美咲 奥瀬繁 林亮佑 海老原恒和 大西冬馬 大村昌也 岡奈穂子 河添由夏子 小崎愛美理 土屋陽平 成瀬大樹 濱仲太 平岡祐介 矢野杏子 岡本英之 増田圭祐 Ryo HAMAMOTO 長嶌寛幸 T.MIKAWA

関連記事

関連記事はありません