清水 健斗 shimizu kento
制作・助監督として数々のCM/Webムービー/MVを手がける。 2010年、企画・助監督・撮影を務めたスポーツ会社のwebムービー3作品が、 2010年アジア太平洋広告祭・第57回カンヌ国際広告祭で入選する。 2012年映画「瞬間少女」の制作が決定し、フリーディレクターへ転身。 渋谷Q-FRONTの巨大ビジョン用映像「TOKYO ART SCRAMBLE」の演出も手がけ活動の場を広げている。

美しい色彩と音楽。一編の詩の様な作品です。 現代社会の薄い対人関係・SNSなどのネット社会の隙間を描き、対人関係の大切さと今を生きる事の儚さを描いたアート作品です。

2010年 #コンペティション #ダウンロード

販売価格 : ¥1000
FILMOGRAPHY
2010
ライカ*スピカ (HD/24分/カラー) 東広島映画祭 ・小坂町一丁目映画祭上映
2011
Say good bye Say hello (HD/1分/カラー)
2012
girl's talk (HD/61分/カラー) 第4回ラブストーリー映画祭・日本芸術センター第5回映像グランプリ上映
2013
瞬間少女 (HD/101分/カラー) 池袋シネマ・ロサにてレイトショー
関連記事

関連記事はありません