渡辺 裕子 watanabe yuko
1981年生まれ、愛媛県出身。武蔵野美術大学卒。映像制作会社でのADを経て、05年に東京芸術大学大学院映像研究科(映画専攻、監督領域)に入学。修了後、同大学院の後進の制作に関わりながら、自主映画を制作。2010年、上映企画「桃まつりpresents うそ」と共同した『愚か者は誰だ』が第五回札幌国際短編映画祭で五周年記念特別賞を受賞。最新作は経済産業省主催のコ・フェスタPAO短編映画部門参加作品『LIFELINE』(2011)。同作は過去作品と共に渋谷UPLINKXや愛媛のルナティック湊町、アイシネマ今治で上映された。

ある短編映画祭に出品するために製作した作品。本作で渡辺裕子は「映画の中で流れる時間」と「映画を鑑賞する時間」をひとつにすることを課題とした。街で思わず盗み見てしまうような男女のショートストーリー。

2008年 #ダウンロード #購入特典 #短編

販売価格 : ¥1000
FILMOGRAPHY
2003
家族の星座 (16mm/5分/カラー)
2004
2009年の冬は去年よりも暖かく… (DV/60分/カラー)
2005
惑星ブーケ (HD/42分/カラー)
2006
新訳 今昔物語 より「レスラー・ジャンヌ」(16mm/25分/カラー)
2007
エイリアンズ (HD/40分/カラー)
2008
助平珈琲 (HD/10分/カラー)
2009
UBIQUITOUS (HD/44分/カラー)
2010
愚か者は誰だ (HD/28分/カラー) …第五回札幌国際短編映画祭五周年記念特別賞受賞
2011
LIFELINE (HD/19分/カラー)
関連記事
映画を巡るおんな旅

gojoこと渥美喜子さんを中心に、ゲスト(女性限定)を迎えてお送りする映画話の数々!

special

2013-08-24

渡辺裕子監督作品『助平珈琲』レビュー

text by 茅野布美恵

review

2013-07-02