加藤 直輝 kato naoki
1980年、東京生まれ。立教大学フランス文学科卒業。在学時は映画研究会に所属。2007年、東京藝術大学大学院映像研究科(映画専攻・監督領域1期生)を修了。修了制作作品『A Bao A Qu』が第12回釜山国際映画祭コンペ部門にノミネートされるほか、ドイツやオーストラリアなど各国の映画祭で上映。10年『アブラクサスの祭』(原作:玄侑宗久 出演:スネオヘアー、ともさかりえ 音楽:大友良英)で監督・共同脚本として商業作品デビュー。サンダンス映画祭2011、釜山国際映画祭2010など各国の映画祭で上映された。

仙台短篇映画祭映画制作プロジェクト作品《3.11 明日》の一編として制作された加藤直輝の短編。自身の商業デビュー作『アブラクサスの祭』(10)のロケ地でもある福島にて、3日間、1000km以上を走りながら撮影された3分11秒。

2011年 #3.11 #ダウンロード #FREE #短編

販売価格 : ¥0

立教大学在学中、3本撮影されたうち最後の作品。東京藝術大学大学院映像研究科 受験のため急遽撮影されたという本作は、加藤作品における音響的実験の源流に位置し、その才能を広く知らしめるきっかけとなった。

2005年 #ダウンロード #購入特典 #短編

販売価格 : ¥1000

2012-13年に撮影され上映機会の度に再編集し現在に至るまで無数のVer.が制作された作品の最新版。原爆投下100年後のにほんに設定されたSci-Fiムービー。長嶌寛之(Dowser)、Ryo Hamamotoや岡本英之といったミュージシャン、そし...

2015年 #ストリーミング #ダウンロード #長編

販売価格 : ¥700 〜 1500
FILMOGRAPHY
2003
a perfect pain (DV/73分/カラー)
2005
FRAGMENTS Tokyo murder case (DV/16分/カラー)
2005
Nice View (DV/47分/カラー)
2005
りんごの皮がむけるまで (DV/42分/カラー)
2006
新訳 今昔物語 「渚にて」
2007
A Bao A Qu (35mm/85分/カラー)
2010
アブラクサスの祭 (35mm/113分/カラー)
2011
Echo Never Goes Out (DV/3分11秒/カラー)
2015
2045 Carnival Folklore (HD/93分/パートカラー)
関連記事
加藤直輝監督作品『FRAGMENTS Tokyo murder case』インタビュー

加藤直輝インタビュー

interview

2013-09-19

Sierror!〽(シエラ!)がゆく!vol.1 花岡無線電機株式会社

Sierror!〽 × 花岡無線電機株式会社

special

2013-08-15

Sierror!〽 presents “MASUDA Birthday Party”

加藤直輝(映画監督『アブラクサスの祭』)× 増田圭祐 による音楽ユニット Sierror!〽 がライブイベントを開催

topics

2013-08-08

加藤直輝監督作品『Sonic Road Movie YOKOHAMA!』alternative preview

《一日限りの映像とノイズの響演。》2ver.上映!

topics

2013-03-30

加藤直輝監督作品『Echo Never Goes Out』

加藤直輝インタビュー

interview

2013-01-11